カリフォルニアワイン

18世紀後半にスペインのフランシスコ修道会の修道士達が、晩餐会用としてワインづくりを始めたことが、カリフォルニアワインの始まりです。
アメリカのぶどうの総栽培面積は約30万haで、そのうちの約26万haがカリフォルニア州に集中し、そのカリフォルニア州一州のワイン生産量は、世界第6位。
カリフォルニアがワインランドと呼ばれるゆえんがここにあります。
気候的には、カリフォルニア海流によって発生する霧が良質のぶどうの栽培を可能としています。
なかでもソノマやナパなどの比較的涼しい地域は良質なワイン産地として世界的に知られ、ぶどう品種の特性を生かしたバラエタルワインが多くつくられています。
栽培されている主なぶどうは、カベルネ・ソーヴィニヨンや、メルロー、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン等のヨーロッパ系の他にアメリカ系のジンファンデルなどがあります。


カリフォルニアワインの分類

プロプライアタリーワイン

ワイナリー独自のブランド名や、生産者名をラベルに表示するワイン。

バラエタルワイン
(ぶどう品種名)原料として用いたぶどう品種名を名乗るワイン。
(例えば、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ)

注1 ぶどう品種
ラベルに品種名を表示する場合は、表示する品種を75%以上使用。
注2 収穫年
収穫年を表示する場合は、その年に収穫されたぶどうを95%以上使用。
注3 産地名表示
産地名を表示する場合は、「州」の場合はその州産のぶどうを100%使用。
「郡」、「カウンティ」の場合は、75%以上、「AVA」は85%以上、「畑」は95%以上使用。

*AVA・・・政府認定のワイン指定栽培地域
*ホワイト・ジンファンデルは、赤ワイン用ぶどうジンファンデルを用い、
白ワインと同じ醸造方法でつくられたワイン(ブラッシュワイン)です。

ジェネリックワイン
(テーブルワイン)ヨーロッパの有名ワイン産地の名称を名乗る
ワインでその産地の味のタイプを基準にしてつくられたものです。
(例、シャブリ、ヴォージョレーなど)

california00001california00002